身長が伸びるしくみ

身長が伸びるしくみ

人は自然に年齢と共に身長が伸びていきます。

しかし、それは『成長期』と呼ばれる10代の頃だけです。

大人になってからは、成長期と同じような身長の伸びを期待することは出来ないでしょう。

しかし、身長を伸ばす方法を考えるには、身長が伸びるしくみを理解しておくことは大切な事です。 身長が伸びる仕組みについて、紹介していきましょう。

身長が伸びるのは骨が伸びるからなのです。

骨のしくみは大人と子供では違うのですが、それが身長を伸ばす方法を考えるヒントとなるでしょう。

子どもの骨の先端部分には、骨端線と呼ばれる軟骨部分があります。 この骨端線が骨を伸ばして成長するのです。 結果的に子どもの身長は伸びていくのです。

しかし、この骨端線は、年令と共に急速になくなってゆきます。軟骨ではなく、硬い骨になってしまうのです。

それ以上の成長は望めません。 それが『成長期』と呼ばれるものです。

骨端線の動きについてもう少し詳しく説明します。 成長ホルモンの言葉は聞いたことがあるでしょうが、成長ホルモンが直接骨端線に働きかけるというわけではありません。 その間を仲介するものが『ソマトメジンC』と呼ばれる別のホルモンです。

ソマトメジンCは成長ホルモンにより肝臓内で生成されます。 このことから、身長が伸びない原因の一つとして、肝臓の異常があるのです。 また、そのための十分な栄養が必要となるのです。

身長を伸ばすことと栄養との関係は非常に大きいことがわかりますね。